予測について

カーテンを開ける

今後は人口も少なくなって行くと言われ。2050年には1億人を切って9500万人程度になると予測されています。 空き家率は13%以上あって供給過剰の状態にあり、新築の住宅やマンションは売れない状況にあります。年数が経つに従って老巧化は進み今後は修繕や改修の頻度は高まって行くと予想されます。 高齢者人口は37%以上になり、提案内容とか施工品質が優先される時代になると思われます。 わずか100年の間に気温が6.4度上昇するという意見も聞かれます。これからは資源のロスやエネルギーの負荷を抑えつつ環境を良くする方向へ持って行く義務を負っているとも言えます。

埼玉の改修工事工事では、特にマンションの入居時における積立金の額が国のガイドラインに比べると少ない傾向にあり、長期の修繕計画に不安もあります。 しかし経済情勢によっては住民の負担を圧迫することも考えられますので、ある程度年数がたった時期ごとにこれが適正であるか、見直す必要もあります。 修繕計画も素人には分かりにくい部分もあり、これらはセミナーに参加して施工会社の選定とか施工内容、工事の見積のことも周知するように努め、マニュアル化などを通じてよく理解しておく必要があります。そして余分な費用をなるべく使わないように注意し、修繕積立金の増加を抑えるようにする必要があります。 埼玉の改修工事では耐震診断が必要な場合には場合によっては耐震補強を講じる必要がある場合があります。地盤や基礎部分はその点重要なヶ所であり、よく検討してこれに対処すべきです。